FileMaker から Claris へ





8月6日・7日に米国フロリダ州オーランドで開催された「FileMaker Developer Conference 2019」で

大きな発表があったようです。


まず1つ目は「FileMaker, Inc.」の企業名を「Claris International」に変更するとの発表がありました。

そして2つ目は、イタリアのスタートアップであるStamplayの買収を発表し、「Claris Connect」として開発・提供が進められるとのコトです。


▼WIRED:アップル子会社のクラリスが“復活”して狙う「新たな市場」

https://wired.jp/2019/08/07/attention-apple-retro-heads-claris-back/


Claris Connectに関してまだ詳細は分かりませんが、"Stamplayは、DropboxやSlackといったサービスをまたいで、コードを書くことなくワークフローを自動化できるプラットフォームを開発する企業"(WIREDの記事より)のようです。

ローコード開発環境であるFileMaker Proと、コードを書かずに様々なWebアプリケーションとを繋ぐClaris Connect。おこがましですが「描きたい未来像はmarble+と同じだ!」と思いました。


ローコードながら拡張性柔軟性の高いFileMaker Proを起点として、世の中に多々ある機能性操作性の高い完成されたWebアプリケーションを繋ぐことで、0から作り上げるより、スピーディーに課題解決へアプローチできます。


また「何が出来るか」「何が出来ないか」が分かった上で、自分たちが「何をしたいか」「何は不要か」を明確にできるので、仕様がブレにくい(迷走しない)ように思います。


今後、多角化されていくであろうClaris社のビジネス展開をフォローしつつ、marble+も"機能性と操作性の高い完成されたうWebアプリケーション"になるようブラッシュアップしていきたいと思います!

※ノーコードとローコードの違いは?

https://mendix.buildsystem.jp/mx-blog-understand-no-code-vs-low-code-development-tools/

#GoogleMap #FileMakerx地図 #marble #マップ #マーブルプラス #FileMaker #ファイルメーカー #マッピング #map #地図活用 #地図

34回の閲覧

最新記事

すべて表示

FileMakerの便利な検索6選!

大切に管理しているデータを生きた情報にするために、一番大切で基本的な事は 「欲しい情報をすぐに取り出せること」だと思っています。 「2019年上半期の〇〇エリアの売上合計」すぐに抽出できますか? 「必須項目が未入力のデータ」すぐに発見できますか? ユーザーがFileMakerを選択する魅力の一番は、検索機能の柔軟性だと思っています。 開発しやすい、構築しやすい、という点に置いては他のツールが良い場

Copyright © iC! Inc. All Rights Reserved.

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン