Google Mapsの利用規約が大きく変わります


Google Mapsの利用規約が6月11日から大きく変わります


実際はGoogle MapsがGoogle Maps Platformになります

利用規約の変更点を一言でいうと

「無償プランと有償プランの線引がなくなり、すべて従量課金へ」

以前Blogでも書きましたが、現行では下記のような場合は有償プランの契約が必要でした

 ・ある製品・サービスを購入しないと利用できない場合

 ・ソフトウェアへ組み込む場合

 ・イントラネットで利用する場合

ですが、今回の改訂ではそのような条件が一切排除されています Google Maps Platform 利用規約(英語)

そして、今回の利用規約改訂に伴い価格プランも大きく変わります

Google Maps Platform 価格プラン(日本語)

価格プランの変更点を一言でいうと

「毎月200ドル分の利用数を超えない限りは無償」

驚きの改訂で、思わず問い合わせしましたがこの理解で間違いないようです。

200ドル分がどれくらいかと言うと...

 ・静的マップの読み込み100,000回

 ・ルート案内のクリエスト40,000 回

 ・場所検索のリクエスト10,000 回

いやいや、中小企業さんなら充分過ぎます!!

ただ、逆に言うと無償プランがなくなったという事ですので

今まで会社のWebに地図を表示する、と言うような無料公開の場合もアクセス数によっては

課金の対象になってしまう場合があります

今までは無償プランの場合は特に申し込みなどせずに簡単にGoogle Mapを表示できていましたが、

新しい改訂では必ずクレジット登録をし、APIキーが必要となるようです

とは言えビジネスの現場での地図活用、FileMakerでの地図活用を広めるにあたっては嬉しい改訂

と個人的には思ってます!

それに伴ってMarble+のベースマップでGoogle Mapsも使えるようにしようと思います!

もちろんOpenStreetMapの認知度を高めたいという想いは変わらずですが

Google Mapsの豊富な機能を活用する事でより柔軟性&拡張性のある地図サービスを

提供することができるようになります

ご自身でJavaScriptを書ける方には必要ないかもしれませんが、

JavaScriptを書けない人やその工数を省きたい人、FileMakerと同様に柔軟に地図サービスも

拡張したいという方の為、引き続きMarble+のサービスをブラッシュアップしたいと思います!

直近のイベントだと「ビジネスアプリ Myスタイル '18」ですね

ここではGoogle MapsベースにしたMarble+と、新しい利用規約でのライセンス説明をします。

今期の改訂でFileMakerでの地図活用にリアルに興味を持てた!という方、是非お待ちしてます

#GoogleMap #FileMakerx地図 #マーブルプラス #マップ #FileMaker #ファイルメーカー #ライセンス

2,366回の閲覧

Copyright © iC! Inc. All Rights Reserved.

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン